​災害発生時におけるドローン支援
btn_syouboucho.jpg

当社は平成30年4月1日「災害時等における無人航空機による情報収集活動(撮影等)に関する協定を総務省消防庁と締結いたしました。
 
この協定は、災害時において、無人航空機に関する必要な操縦技術等を有する民間事業者との連携により、災害現場の映像や画像などを撮影し消防庁に速やかに伝送することによって、災害状況を迅速に把握することを目的としています。





総務省の報道発表内容(PDF)はこちらからご覧になれます。
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/h30/03/300327_houdou_2.pdf

​ドローンによる災害発生時上空映像伝送支援(訓練)

災害発生時、ドローンによる上空からのリアルタイム映像伝送を行う事により、災害状況の把握や要救助者の捜索、避難誘導など災害対策本部と連携して効果的に活動する事が可能です。

​地上からだけではわかりにくい現場の状況を上空からサポートする事で、より早い対応が可能です。

​当社は消防庁との防災協定締結により、万一の災害時でも緊急対応が可能な体制を構築しております。

すべての動画
動画を見る

PhotoGallery